投稿

自浄

イメージ
マイクロプラスチックの問題が凄く気になってしまい、手始めに、ガラス製の食品保存容器を使うことにした。あと、空き瓶も食品保存に。ガラスの容器は、食卓での見た目が良いし、洗うときにはあっという間にきれいになる。 次に、食器洗いスポンジをとりあえずヘチマに。なかなか良い。見た目もかわいらしい。それから、ヘンプのガーゼがあったので、適当にカットして食器洗いに。こちらは細かいところに届くし、良い。すぐ乾くし。何より、自然のものは自浄作用がある。 これらを使っていて、ふと、ガラス、金属、焼き物つまりプラスチック以外は、洗剤がなくても水だけでツルツルになっているように感じた。漆器もしかり。洗剤なしなら、すすぎも早い。一体今までなんだったんだ?と思う。洗剤を洗い流すのにどれだけ時間と水を使っていたのか。洗剤を使わないと油が落ちないプラスチック製品に、苛立ちを感じるようになってきた。これまであんなに世話になった、と言うか、利用してきたのに、勝手なものだ、とも思うが、そのせいで海や地上がこんなことになってしまったのだから、恐ろしいことをしてしまった。後悔で途方に暮れそうになるが、泣いている場合ではない。 つぎに、歯磨きのチューブ(プラスチック製)が気になりだし、塩とハッカオイルとかで自作しようかとも思ったが、昔歯科医師に言われた「歯磨き粉は不要、唾液だけで十分」という言葉を思い出した。確かに、歯磨き剤を使わずに歯を磨いたときだけ、スッキリしている印象がある。それで、しばらく家では歯磨き剤を使わずにいたが、不便はなく、むしろ泡などがノドにまわってウエッとなることがなくなり、すすぎもすぐに終わるのでかなり快適。月一のメンテで歯科に行ったときに、この一ヶ月歯磨き剤を使っていないので様子を見てくださいというと、特に変わりはないというので、もうそれで行こうと思った。歯磨き剤は、異物だった。(職場でのランチ後には使ってます) キッチンで愛用していたマイクロファイバー(化学繊維)の布巾は引退していただき、セルロースのクロスに。適当にカットできるし、具合も良い。 お風呂の掃除も、柄のついた豚毛の木製バスブラシを見つけた。ドイツの実直な製品。日本製が良かったけど見つけられなかった。でもとても具合が良い。見た目もおしゃれになって少し照れくさいくらい。干しておくからさっぱりしてきれい。木の自浄作用。プラスチ
 あ! というまに10月。やばい、こんなことではあっという間に一生が終わってしまう。 前から行ってみたいと思っていた、古い家を利用したギャラリーに、今日初めて行った。 ギャラリーの人と少しお話しした。たしか、こちらができてから、もう10年は経っているのでは、と思っていたら、20年経ちます、とのこと。 なんと。 実は、ひょっとしたら10年近く経っているのでは、と思っていたのに。 昨日、若い人が「コーラをちゃんと飲んだことがない」と言うので驚愕した。 「ちょっと飲んだことがある」と言うので、どうだった?と聞くと、「コーラ飴と同じ味がした」と言った。なかなかオツな感想だと思った。 その後、自分の子供時代と、彼女の子供時代では、選択肢の数が圧倒的に違うことに気付いた。 最近、自分の話の内容が、若いときに親や年配の人が言っていたものに近付いていること、同じことを言っていると、感じることが増えた。「順番」と、母も言っていたな。 エジプトのピラミッドの壁画には、「最近の若い者はダメだ」とか何とか嘆く記述があると、聞いたことがある。「社会は成熟しない」と藤原正彦氏のエッセイかなにかで読んだような。 そんなこと考えている場合じゃない。とも言えるし、 そんなこと考えることができるようになったんだな、とも言える。

今日のぱん

イメージ
Creative Cloud が遅い・・・辛い。 Atok も遅い・・・ん? Macが遅いのかな? さて、あれ、お店が変わるのかな?どんなお店になるのかな?と思っていたらできたパン屋さん(奥はダイニングカフェ) bricolage bread & co. 、おいしいですねー。ホントに助かります。久しぶりに行ったらまたステキなパンを発見。あまりお惣菜的なパンは購入する習慣がないのですが、こちらではついつい今日はこれ、と言う感じで選んでか・・・いいですねどうでも。 キウイ・モヒートだそうです。 なんとキウイが! ごちそうさまでした。

足りない足りない

やりたいことがありすぎて、それは重要なことだけでなくて、たいしたことのないことも重要だったりして、そうなるとどうしても時間が足りない。 考えたいこと、知りたいことだけでもたくさんあるのに、やりたいこともありすぎる。 では、ただ困ってじっとしているのか。 とりあえず、プライオリティーシートをつくる。遙か昔、ヨーロッパの企業の原住民社員として働いていたときのように。 でも本当にやりたいことは優先順位には上がってこなかったりもして。なんのこっちゃ。 そんなことの繰り返し。

再始動

 しばらく続けていたブログをあるとき失って、本当にたいした内容でなかったにもかかわらず、理不尽に失ったショックがそれなりにあり、一方的に発していることの自由さというか、楽しさというものを実感したりした。 それは客観的にほぼ実用性のない、誰かのつぶやきでしかなかったのだけど、だからこそ、容易に再始動に踏み切れなかった。 だから今度は手堅いところを探そうと思って、ここに場所を定めることにしたのだけど、なんと、あなたは2009年からのユーザーですと言われてしまった。最初にここも検討していたのか・・・。何という見る目の無さよ。 幸い、ブログに載せていた写真はまとめてあったので、自分だけで思い出に浸ることができた。 まったく、データというのはそういうものだ。

本気

やる気も自身もなくて、やり方もわからず、ただ時間だけが過ぎていて。 でもちょっとしたきっかけで時間をかける事ができたことで、自身のようなものが湧いてきて。 そのせいで、なぜか、そんなの初めてなような気がして、このチャンスを逃したくないという気持ちが強くなり、逆に力の無さが強く意識されてしまい、ついた勢いが違う方に向かってしまい、そして間違いを犯してしまったのかも知れない。 でも、それも、新しいチャンスだと思う。挽回すればいい。きっとみんなわかってくれるよ。

時間足りない感覚

数年前、画家の入江観氏に、若い人への簡単な自己紹介をお願いしたところ書いてくださったひと言。 「描きたくて描きたくて、一生では足りない」 なんとかっこいい言葉だと思ったのだが、最近その気持ちがわかるような気がしてきている。 本心だったのだな。 作夏、戸村浩氏がアトリエで、古いLPレコードのコレクションを見せてくれながらNY時代の思い出を楽しく話してくれたりして、そしたらもう夕方になっちゃったとき、「こんなことしてるからどんどん時間がなくなるんです」とおっしゃっていて、私たちはそんな戸村氏がかっこよくて楽しくて、すごく印象的だったので、度々その言葉を思い出して話している。 大御所の大先輩たちだってそう思うのだから、小者の私がそう思うのは当然だ。 まだやってないこと、もっとやりたいことは、たくさんある。 でもそう思えることは、とてもしあわせなことなんだと、実感できるようにもなった。