投稿

アクリルたわしショックから2年。 ちょうどコロナが流行し始めて家にいることが多くなった2020年、マイクロプラスチックの問題が一般人に知れ渡った。 まず頭に浮かんだのが、石油原料から出来ているアクリルたわし。 キッチンや洗面所から、カケラがどんどん流れていく映像が浮かんだ。 まさに、マイクロプラスチック製造機だ。 ショックだった。 私はこのことを「アクリルたわしショック」と呼んでいる。 環境問題への取り組みについては、一般家庭においてどれくらい努力すべきかを問うよりも先に、政治の決定や企業の努力が必要だ。しかし、未来の人たちのために少しでも負担にならないことをして暮らしたいと思う世の善良な生活者にとって、大切なことだ。 地味に楽しかった、アクリルたわしの世界。使うと財布にも良いが「環境に良い」はずだった。 アクリルたわし使用をすぐにやめ、代わりになる自然素材のものを色々検討した人は多いと思う。 私が今のところ、一番使い勝手がいいと思っているのが、薄手の麻布だ。ソファのカバーにしようかと思って色を合わせて買った麻布が薄すぎて用途に困っていたが、これを20センチ角くらいに、切りっぱなしたものを使っている。 麻布は繊維の構造上雑菌が繁殖しにくい(ほとんどしない)し、絞って干せばすぐ乾くので気持ちが良い。薄手なので食器の隅まで届く。 食卓でティッシュ代わりにも使っている。色も派手だったのでオシャレな感じもする。もう少し大きいものがあってもいいかもと思っている。 ガラスや陶磁器、金属製品の洗浄に洗剤はいらない。 これって、アクリルたわし以前の問題だったようだ。油物は、手にはつくのだが、手についた油は布で拭うと取れるし、食器はその後 水で流しながら布でなでればピカピカになる。 シンクだって、水を流しながら布で拭けばいつもピカピカだ。今までの食器洗剤の使用量は何だったのかと思うほどだ。 プラスチックについた油物は、だめ。食器用洗剤か、薄めた「森と・・・」をスプレーして、よく揉み込み乳化させて流す。 プラスチック製品使用にストレスが生まれた。 プラスチック製品が生まれ、瞬く間に世の中に充満して、それを洗浄するのに合成洗剤が必要になり・・・・

嬉しい出来事ってある

ここのところ休み続きで、とりあえず家で色々やっている。 写真作品の整理、アロエベラの植え替え、制作、メダカの水替え、道の駅に行って買った野菜を色々調理などしてみる、制作、サイトの更新(の準備)、データ整理、制作、繕い物、調べ物、読み物、そして、Instagramの設定をいじってみたり、じっくり見たりして、イマイチわかっていなかったことが少しわかった。でもやはりSNSは賑やかすぎてあまり持たない。 長い休みがあるとき、それはそれで、色々とやることがある。 勤めを引退したら、そうなるのかな、と、最近思うようになった。 作家としてちゃんと活動しながら生活費を紡いでいくことに、限界を感じて就職してから10年以上経った。フリーになる前も就職と短期勤めを繰り返してはいたが、今の職は、それまでの数々と比べると総じて恵まれた環境なので、定年退職までなんとか勤め上げたいと思っている。その日は段々と近付いているのだが、なーんて思っているとあっという間に来てしまうんじゃないか、なんて最近よく考えていて、そういうの、良くないと思い始めている。先のことはわからない、今を生きねば。 さて本日、近年で一番の吉報があった。個展をしてから10年以上経つ、ずっと発表再開を待っていたあるアーティストの発表活動再開だ。それも受賞を伴うものだ。コツコツと制作を続けているのを知っていたので、本当に嬉しい。日々忙しい中で、作家としての活動について話す機会もなく、自分もたいしたことないのにプレッシャーになるようなことを言いたくもなく、上手く応援してあげることもできず、役にも立たず、ただずっと待っていた。本当に嬉しい。陰ながらお祝いをしたいが明日は健診なので今日は自粛。

微 違

 前回の投稿を、Googleの翻訳タブで英語にして読んでみたら、こんな感じになった。 小さな小さな甲虫、ゾウムシかな?私は内側にいる。 なんだかかわいそう。網戸をガタガタやったら、私は飛び出した。 主語を省くからこうなるんだけど、ちょっと面白かった。 昔勤めていたアイルランドのローカライズの会社では、自社開発の自動翻訳ソフトを使って邦訳したものを、linguistという翻訳部の人たちが「ちゃんとした」日本語に直していた。直す前の邦訳は、それはそれは混沌としていた。AIが手塚治虫の漫画を模す、途中段階の絵のようだった。その頃に比べたら現代の翻訳機能はすごい。とは言え、上記のようになる。しかし、翻訳コンニャクももう少しなのか、まだ分厚い壁があるのか。 DeepLで翻訳したら、割とちゃんとなった。飛び出したのは私じゃなくなった。 翻訳コンニャクはすぐそばなのか? でも何となくだけど、品がない感じになった気がしたのはなんでだろう? やはり何かまだ壁があるのか。

爽、濃

爽やかな日。 網戸に小さな小さな甲虫。朝日を背中にキラキラ反射させている。ゾウムシかな。 ん?内側にいる。網戸の隙間から?なんだか気の毒だ。 網戸をガタガタやったら、飛び出した。良かったね。 翌朝、今度はハエ君が網戸の内側に。なぜ・・・。 またガタガタやったらハエ君の飛翔と同時に網戸がはずれ、危うく通行人の頭に落とすところであった。 なんとか取り付け直し、ホッとする。 新緑、虫も飛び回る季節がやってきた。 個展の最終日はいつもバタバタする。 朝から仕事をグルグルとやり、やっと電車に乗ったらスイッチがオフ、ギャラリーでは見に来てくれた色んな方面の方々とご挨拶をし、撤収し帰宅。濃厚な1日ではあった。

ある青年に、「実は隠れファンです」と言って頂いた。 光栄なのだが、隠れずにお願いしたい・・・ こういう風に言って頂くことが、実は時々ある。なんでだろう? マイノリティなんだろうな。

時間旅行

ずっと前に毎日のように聴いていた音楽を、久しぶりに耳にするとき、時間はワープする。 味や香りも、やっぱりワープする。絵もそうだ。 この理論で言うと、時間旅行(過去に限るけど)は可能だ。 20代の頃、親友のトーマちゃんと、世田谷美術館に行くときに必ず寄ったカフェがあった。 初めて行ったとき、ヨーロピアンブレンドと言うコーヒーを頼んでみたら、「これは、パリの味だ!」と目が飛び出た。 深煎り、と言うものである。フレンチロースト、と言うものである。 しかし時代は1990年に入る頃、そんな言葉は知らなかったし、フランスで飲んだのはカフェオレだったから、この深煎りの味と香りで目の前にパリがよみがえったのが感激だった。 しかもパリのカフェよりも、丁寧な味がする気がして、ブラックでおいしく味わったものだ。トーマちゃんによると、このお店の奥さんはカナダの方だそうで、品の良いステキな方であった。 このお店には、バナナケーキみたいな、シンプルなケーキに、ホイップクリームが載ったセットがあって、そのクリームの味もなんだか特別な感じがした。思い出してくると、おいしさがよみがえり、嬉しい。 近年、コーヒーは朝しか飲まなかったけど、ここのところ職場でドリップコーヒーを楽しむようになった。色々売っていて、一杯分ずつパックされたものはエコではないがどれもおいしい。でもなかなか、これ、と言うのが見つからない。で、あの用賀のカフェの、「ヨーロピアンブレンド」を思い出している。 ググってみたら、出て来た。便利な時代だな。ピロエットというお店だ、そうそう。行ってみたいな。 それよりもココは東京の反対側。まずは近所の名店「渋谷珈琲」で、深入りを購入してみよう。ポットに入れて職場に持っていこうかな。

不安

  上位レジストラのデータベースが混雑 久しぶりにサイトを更新したら、元の元のところがメンテナンス中とのことで、独自ドメインでアクセス出来ない模様。不安だが待つしか無い。 sitemixのブログが消えた悪夢に比べれば、実際のデータは残っているので大丈夫だけど、15年使っているドメインにアクセス出来ないのは、不安。 元旦のおみくじが「小吉」で、じっと待つとき、的なことが書かれていて、当たってる・・・笑 と思ったものだ。 次に来ることは、必ずおめでたいことなので、大丈夫。大丈夫。 水面下で、ものごとは進んでいる。 コツコツと、進めよう。